GET A DOLLAR Written by SAWABOT

KKPOKERでの破産対策。ギャンブル特有の熱くなって失敗しないために。

ギャンブル全般 ポーカー

こんにちは、さわぼっとです。

KKPOKERに関わらず、ギャンブルで負けてしまうと取り返しがつかずに使ってはいけないお金に手を出し破産するなんてことも少なくありません。

今回は、KKPOKERでの破産を防ぎ、適度な距離感、熱量での楽しむ方法について解説していきます。

KKPOKERの楽しみ方はもちろん人それぞれですが、破産するようなお金の使い方をしていると楽しめているとは思えません。

KKPOKERをプレイしている人はポーカーが好きな人だと思うので、好きなポーカーで破産するのは悲しいので参考にしてもらえたらと思います。
まだKKPOKERに登録していない人はこちらの記事をお読みください。

\ここから登録して大量特典ゲット!/
KKPOKERに無料登録する

当記事の目次

KKPOKERでよくある破産のケース


まだKKPOKERを始めていない人は、自分がこうならないか注意する必要があります。

追加で使ってはいけないお金を使って破産

負けが続き、高レートに挑戦

普段はしないAOFをプレイ

どのケースも冷静な状態であれば絶対に間違っていると思いますよね。

実力的にちょうどいいと判断しているからこそのいつものステークスなのに、負けたからってハイレートに座っても実力不足です。

AOFに関しても普段からやってないなら、ナッシュ均衡のレンジなどわからないことも多いので負けやすいですよね。

どう考えてもマイナスの行為なのに、感情が高ぶった状態では判断できません。

対策を考えていく必要があります。

意志の力に頼らない


強い意志を持っていれば、ギャンブルで破産するなんてないように思えますが間違っています。

KKPOKERプレイ前のあなたと、負けた後のあなたでは別人です。

負ける前まではどんな人でも冷静で、もし負けたら使ってはいけないお金まで使ってやろうなんて思っている人はいません。

それでも一定数のギャンブルで破産する人は存在するのです。

ポーカーもそうですが、ギャンブルで破産するのは、プレイ前と負けた後の感情のギャップを過度に楽観視しているからです。

これはダイエットに失敗するのと同じで、ダイエットを誓った瞬間から夜中に暴食してやろうなんて誰も思っていませんよね。
しかし空腹になれば、考えが変わってしまいます。

負けて熱くなってしまうと仮定して対策を練っていくしかありません。
負けた時の自分は他人だと思って考えていくんです。

距離を取りとにかく時間を稼ぐ


やってはいけない行為から物理的に距離を取ることや時間をかけることで誘惑を断ち切りやすくなります。

パチンコやスロットの場合は、使ってはいけない分のお金は家に置いていく。もちろんキャッシュカードもすべてです。

ギャンブルに負けて感情が高ぶっている状態は長くは続きません。
お金を負けた瞬間に感情のピークを迎えて、そこから徐々に落ち着いてきます。

その場にお金があればすぐに使ってしまいますが、家に取りに帰ってまた店に戻ると結構時間もかかりますしその間に冷静な状態に戻ることが多いです。

またダイエットの例ですが、机の上にそのままお菓子を置いているより、箱の中に入っているだけで食べる量が激減するって実験もあります。
箱を開ければいいだけなのに、そのわずかな差だけで人間は冷静になれるんですね。

ではKKPOKERのようないつでもどこでも入金できるオンラインの場合はどうしたらいいのか見ていきましょう。

KKPOKERの入金制限機能を使う


KKPOKERでは、1日に入金できる限度額を設定することができます。

.「プロフ」の「設定」をタップします。
KKPOKER 入金制限

.「責任あるギャンブル」を選択します。
KKPOKER 入金制限

.次に「入金限度額」を選択します。
KKPOKER 入金制限

.上限設定額を入力して「チェックマーク」を入れ、「確認」をタップして完了です。
KKPOKER 入金制限

もし負けて熱くなってしまっても破産することなく安心です。
どれだけ感情が高ぶってもどうしようお金を使いようがないので破産できません。

解除する場合は7日かかります。

7日も経てば熱は冷めていますし、パチンコ屋から家にお金を取りに帰る比じゃありません。

入金制限の設定は必ず冷静な状態で行いましょう。

気分が良すぎても緩めの設定をしてしまうのでフラットな状態で、どの金額以上使うと楽しんでるレベルを超えるのかしっかり考えて設定しましょう。

周囲の人を巻き込んで宣誓する


入金制限は有力ですが、すでに一定のバンクロールを築いていて、それは破産させたくないって人も多いと思います。

KKPOKERの入金制限機能だと、今入ってるお金は守ることができません。

KKPOKERで負けてティルトした時に、普段はやらないAOFをプレイしてしまってバンクロールを一気に溶かすなんてのがありがちだと思います。

そこでTwitterやKKPOKERをやってる友達にAOFをやらないことを伝えるのです。

AOFをやっているのを見つけたらKKドルを渡すって方法をとっている人もいますね。

僕の個人的には、KKドルを渡す約束よりも、ただ単に誓うだけでいいと思います。

人間誰しも嘘つきだとか意志の弱い適当なやつだと思われたくないので、ブレーキになってくれるはずです。

かなり簡単な方法ですが、人間は社会的な生き物なので、人の目がある時とない時では別人です。

【まとめ】KKPOKERでの破産対策


今回は、KKPOKERでの破産を防ぎ、適度な距離感、熱量での楽しむ方法について解説してきました。

とにかく意志の力に頼らずに仕組みを作ることです。

KKPOKERのようなオンライン系は基本的に制限機能があります。

しかし利用している人はほとんどいないと思います。

特に初心者のうちは、まだスキルが足りてなくて勝てないので熱くなって破産して退場するのは悲しいですね。
制限できていれば将来の勝ち組だったのかもしれません。

ぜひ当記事を参考に自分なりの破産対策の仕組みを考えてみてください。

ポーカーに関してはティルトも関係しているのでこちらの記事も参考になるかと思います。

\ここから登録して大量特典ゲット!/
KKPOKERに無料登録する

人気記事【特典付き】KKPOKER(KKポーカー)とは?稼ぎやすい?安全性・始め方を解説。

人気記事おすすめオンラインポーカー5選!テキサスホールデムポーカーができるオンラインカジノを紹介!