GET A DOLLAR Written by SAWABOT

KKPOKERのクラブオーナーは稼げるのか?クラブオーナーが解説します。

ポーカー

こんにちは、さわぼっとです。

KKPOKERにはクラブ制度があります。クラブオーナーはメンバーを集めることで、メンバーが支払ったレーキの一部を受け取ることができます。
いわゆるアフィリエイトプログラムです。

オーナーはクラブメンバー限定のトーナメントの開催や、レーキバック設定などを行える権限を得ることができます。

KKPOKERへ登録すると誰もが自分のクラブが作成されています。
KKPOKER クラブオーナー
英語が並んでるだけですが、クラブ名を変更して自分の招待リンクで入会してもらうことでクラブ運営をすることができます。
1人でも加入すれは、あなたはクラブオーナーです。

今回はクラブオーナーになることのメリット、デメリットについて解説していきます。
実際に当サイトではクラブ運営を行っているので、その経験からお伝えしていきます。

協力できるエージェントを募集します!!
KKPOKERの当サイトのクラブのエージェントを募集しています。
既に他クラブに入っていたり、プレイ未プレイは問いません。
具体的な報酬等はTwitterのDMにてお問い合わせください。

メリット1.収入になる


皆さんもご想像のようにメリットの一つは収入です。
クラブオーナーは最大70%のレーキ収入を得ることができます。
KKPOKER レーキバック率
2人で20%、5人で40%、10人で55%、20人で70%とプレイする人が増えるほど、多くのレーキ収入を得ることができます。

MAXの70%に到達すれば、メンバーは50%のレーキバックを設定しても20%が残ります。
その他フリーロールや初回特典、クラブイベントでの出費を差し引いた分だけ利益が残ります。

多くのクラブメンバーが安定してKKPOKERをプレイしている環境を作ることができたら収入になるってことです。

メリット2.コミュニティが広がる


クラブ内のコミュニティなどを持っているといろんなポーカーをしている人たちと関わっていくことができます。
KKPOKERではクラブ対抗のイベントもあるんでコミュニケーションを深めやすいと思います。

とはいえクラブオーナーにならなくてもコミュニティを作ったり参加したりすることはできるんで、クラブオーナーに限ったメリットではないですね。

また個人的な感想としては、クラブの特典で配布したトーナメントチケットで入賞したなどの報告をもらうと結構うれしくなります。
一度も入金せずに特典だけでバンクロールが増えているのを聞いたりしたときですね。

クラブのイベントとしてオフラインのイベントをするのも自由なので、コミュニティを広げたい人はそのようなイベントを多く開催するクラブを作ると楽しめると思います。

デメリット1.基本的には赤字運営


クラブ運営は基本的には赤字の連続だと思います。実際に私の場合はそうでした。

アクティブメンバー20人までの赤字

クラブオーナーは、クラブのレーキバック率を70%に到達させることがスタートラインのようなものです。
そのためには最低20人のアクティブメンバーが必要になりますよね。

その最低ハードルを越えるために、入会時50$プレゼントとかかなり無茶な特典をつけていくしことになります。まだメンバーが少なくてオーナーにクラブ収入がないので確実に赤字になりますよね。

20人登録しますと連絡が来て、全員に$50を送付して$1000の出費をしたことがありました。
しかしそのメンバーは全員適当な情報で本人確認1だけを完了させて、テーブルゲームで仲間を相手にわざと負けてチップを移していました。(完全に不正行為のチップダンピングです。)
その結果稼働はその1日だけですぐにアクティブメンバーではなくなり、$1000をばらまいただけで終わることもあります。

これは僕の体験談で、アクティブメンバーを増やそうと活動していると簡単に騙されて、意味なくお金を失うこともあるのです。

イベントをやりすぎて赤字

クラブのアクティブメンバー20人以上超えたから赤字を脱出できるわけではありません。
毎週のフリーロールやイベント、継続している初回の特典などがレーキ収入を上回ることが多いと思います。

僕の例だとフリーロール×5、$1000分のイベント、初回の特典のチケットで計$1500くらいは出て行ってます。
アクティブメンバーが50人を超えても赤字の月はよくありました。

KKPOKERのクラブオーナーを目指す方でもアクティブメンバーが増えたらレーキバックだけの特典でいいと思っている人が多いように思えます。
しかしクラブが乱立している現在では、その特典だけでは選ばれません。

デメリット2.責任が重大


KKPOKERのクラブは一度加入してしまうと変更することができません。なのでクラブオーナーである以上、裏切るような行為は絶対にできない責任が伴います。

一度約束した毎週のフリーロールをやらないとか、メンバーが減ったのでレーキバック率などをなくすわけにはいかないです。

約束した通りの特典を継続するためには、メンバーの稼働人数を安定させる必要があります。

クラブに加入してもほとんどの人がプレイしなくなります。
勝てる人より負ける人のほうが圧倒的に多いからです。

負け続けると誰でもやめてしまいますよね。
それでもクラブオーナーは特典を継続するために、減っていく人以上に新しいメンバーを増やす必要があります。
そこにはさらなる費用が発生していくことも覚悟しないといけません。

リスクを取らないならエージェント


エージェントとは誰かのクラブに人を招待して、報酬を得るような形態です。
1人しか集められなくても、クラブから特典は出るので、本格的に始めなくてもハードルが低いです。

しっかり特典を出せるクラブのエージェントになれば、誘われた人も誘った人にもリスクが全くありません。
また自分では費用を出さずに、クラブオーナーが費用を出している特典を宣伝に使うこともできるので初期費用がなくても誰でも始められます。

ここまでの説明だとクラブオーナーはデメリットが多いように思えます。
実際にその通りで、誰もが簡単にクラブを作成できるからこそライバルだらけだからです。

クラブが変更できないルールの上ではしっかりと覚悟が必要だと思います。今からクラブを新しく作るってなったら僕自身もエージェントを選択すると思います。
メンバーが1人でも入った時点で失敗したらそれでいいって考えではできませんからね。

何も知らずに友達の招待コードで入って変更できないって問い合わせもあったりしますが、なかなかひどい話だと思います。もちろんメンバーもほとんどいないので特典はありませんでした。

僕のクラブにもエージェントがいますが、月に一人二人ペースで招待していたりのびのびとやっているイメージです。
実際にエージェントで何人くらい集められるのか知ることで、自分で費用をすべて出してクラブオーナーになれるのか判断ができるのでいいと思います。

まとめると
特典を出し続けてやり切る自信があるならクラブオーナー、興味がある程度ならエージェント
ではないでしょうか。

関連記事【特典付き】最新のオンラインポーカーHighStakes(ハイステークス)を徹底解説!

人気記事【特典付き】KKPOKER(KKポーカー)とは?稼ぎやすい?安全性・始め方を解説。

人気記事おすすめオンラインポーカー5選!テキサスホールデムポーカーができるオンラインカジノを紹介!